【ドライバーのヒント】最適なスタンスの見つけ方

真っすぐ飛ばすには
狭、極広のスタンスで打ってみよう

大堀 裕次郎 おおほり・ゆうじろう

1991年生まれ。182㎝、80㎏。チャレンジ1勝。初シードを獲得した注目のイケメンプロ。今季の成績は日本プロ7位ほか。兵庫県出身。フリー。

ショットの精度を高める必須条件は、自分にとって最適なスタンス幅を見つけること。その方法を大堀裕次郎に教えてもらった。

交互に打つと自分にとって
最適なスタンス幅が見つかる

ドライバーのスタンス幅は、「肩幅よりもやや広め」というのがセオリーですよね。しかし、これは漠然としていて、自分の体型や動きとスタンス幅が合っていない人が多くいます。
そこで、あえてスタンス幅を大きく変えて打ってみましょう。極端に狭くすると背骨を軸とした回転運動になり、方向性が安定。極端に広くすると体重移動が使えるぶん、飛距離が出ます。これを交互に打つと、方向性と飛距離が両立する、自分にとって最適なスタンス幅が見つかり、真っすぐ飛ばせるようになりますよ。

狭いスタンスなら背骨を軸とした回転運動になり、コンパクトなスイングになる
広いスタンスなら左右の体重移動が大きくなり、スイングアークも大きくなる

70-342-dumps 70-346-dumps 70-417-dumps 70-461-dumps 70-463-dumps 70-488-dumps 70-494-dumps 70-532-dumps 70-534-dumps 70-980-dumps 74-409-dumps 98-365-dumps 98-368-dumps C2010-595-dumps cwna-106-dumps DEV-401-dumps E05-001-dumps hp0-y50-dumps IIA-CIA-PART2-dumps lx0-103-dumps m70-101-dumps mb2-707-dumps mb2-708-dumps mb2-705-dumps NS0-505-dumps TB0-123-dumps VMCE_V9-dumps 210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps 600-509 dumps 600-510 dumps 600-512 dumps