【アイアンのヒント】コースでの応急処置

ダフリ、トップのミスは
I字型フィニッシュで直る

小林 正則 こばやし・まさのり

1976年生まれ。186㎝、82㎏。ツアー3勝。13年には日本オープンのビッグタイトルを獲得。今季は4年ぶりの優勝を目指す。千葉県出身。フリー。

 ミスが出ると、球に当てようとする意識がますます強くなってミスの悪循環を招いてしまう。これを防ぐ応急処置とは?

 

回転が止まらずにヘッドが抜けるから
ミート率アップ!

 ダフリやトップのミスが出たときは、「I字型」のフィニッシュをイメージして、そこに向けて一気に振り抜きましょう。
 左足1本で立てるように体重を左に乗せて、腰を目標に向けます。こうするとカラダの回転が止まらずに、ヘッドがスムーズに抜けていくのでミート率が向上。インパクトを点でなく、「ゾーン」としてとらえることができ、球に当てにいく動きを防止できるのです。I字型になるようにフィニッシュでスッと立てば、スイングのバランスも確実によくなります。

 

フィニッシュのカタチをイメージすることで、インパクトがゾーンになり、振り抜きがよくなる(○)
インパクトを意識して球に当てにいくほど、ミスが止まらなくなるので注意(×)

 

ccna-200-125 GO-70-532 GO-70-463 GO-exam-collec-tion-70-243 GO-Microsoft-070-489 GO-Microsoft-70-488 GO-Microsoft-70-346 GO-70-533 GO-70-534 GO-70-695 GO-exam-70-698-quiz-1 210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps