【パッティングのヒント】目標に真っすぐ打ち出す

ミスが続いたら
胸・股関節・スタンスのラインを
スクエアに!

堀川 未来夢 ほりかわ・みくむ

1992年生まれ。176cm、75Kg。今季はパナソニックオープンで、3日目に「63」を叩き出し3位タイに入った。ショートゲームの正確性が持ち味。神奈川県出身。Wave Energy所属。

 「基本的なことですが、アドレスがパッティングで一番大事です」とパット巧者の堀川未来夢。正しいアドレスの作り方をレッスン。

 

真っすぐに打ち出せるかは
アドレスで決まる

 パッティングのミスのおもな原因は、アドレスで正確に構えられていないことにあります。多くの人がスタンスは目標にスクエアに合わせるのですが、それだけでは不十分。カラダのラインが開いたりすると、打ち出す方向がバラバラになります。
 スタンスだけでなく、胸と股関節のラインが目標にスクエアになっているかチェックしてください。3つのラインがスクエアになれば、真っすぐ打ち出す準備はできています。 あとは、背骨を中心に回転し、左右対称の振り幅で打てば、ミスなく真っすぐ打ち出せますよ。

 

振り幅が左右対称になるようにストロークする。ゆるまずにボールをしっかりヒットできる(右)/ストロークで肩を上下させるのはNG(×)。背骨を軸にして回転するのが正しいストローク(○)(中央)/背筋が曲がっていては、背骨を軸にしたストロークができない。股関節から上体を曲げて、背骨を伸ばしたアドレスを作ろう(左)