【プロ直伝 上達のヒント】アイアンのヒント/ピンを狙い打つ

インパクトを安定させるには
左手首の角度を変えない!

川﨑 志穂 かわさき・しほ

1996年生まれ。171cm。17年プロテストを12位タイで合格。17年ドライビングディスタンス8位。飛距離を武器にした攻めのゴルフが持ち味。千葉県出身。姉ヶ崎CC所属。

フェース面をうまくコントロールし、ピンを正確に狙うアイアンショットを川﨑志穂に聞いた。

 

 

右手のひらをフェース面と考えて
目標方向に押し込む

 ピンを正確に狙っていくには「ビジネスゾーン」と呼ばれる、腰から腰までのクラブの動きが重要です。左手首の角度を変えずに大きな円軌道で振ってください。ビジネスゾーンでのヘッド軌道がゆるやかになり、フェースが目標を向く時間が長くなって、方向が格段によくなります。逆に球をつかまえようと手首を返すと、ヘッドが途中で跳ね上がってしまうので注意。
 また、右手のひらをフェース面だと考えるのも効果的。インパクトでは右手のひらで、ボールを目標に押し込むように打ちましょう。

 

 
手首を返すと、インパクト付近で急激にフェースがターンしてしまう。方向を出すのは難しくなる
 
右手のひらとフェースの向きは連動する。トップではカラダの正面方向に右手のひらを向け、インパクトでは目標方向に向ける

origexams.com