【プロ直伝 上達のヒント】ドライバーのヒント/冬ゴルフ対策

トップの捻転不足を解消するには
右肩と右腰をうしろに引く

小林 伸太郎 こばやし・しんたろう

1986年生まれ。177㎝、82㎏。「日本ジュニア」「日本アマ」を制してプロ入り。シード2年目で、ツアー初優勝が期待される有望株。群馬県出身。焼鳥まさや所属。

ミスの多くは、クラブを手で上げてしまうことによる捻転不足。とりわけ冬ゴルフは気温が下がってカラダが回りにくいので要注意だ。

 

 

トップの体勢を
先に作ってから
クラブを握る

球に当てようとする意識が強くなると、手でクラブを上げてしまい、捻転不足になりがち。冬の寒い日はカラダが回りにくくなるぶん、このミスがより一層ひどくなります。
 そこで、右肩と右腰をうしろ(背中側)に引いて、トップの体勢を先に作ってからクラブを握ってみてください。カラダの右サイドをうしろに引くことで、軸を保ちながら深い捻転が可能に。このトップのカタチを確認しながら素振りを繰り返せば、本番でもカラダが大きく動くようになります。

 
寒い日は、関節が硬くなり、カラダの可動範囲が狭くなるため、
捻転不足になりやすいので注意しよう(左)
カラダを無理に回すとスエーしやすいが、カラダの「右サイドを引く」と軸を保ったまま、
その場で深い捻転ができる(右)

210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps 600-509 dumps 600-510 dumps 600-512 dumps origexams.com buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-product-key buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-home-key