【プロ直伝 上達のヒント】ドライバーのライン出し/ドライバーのヒント

クラブを短く握るぶん
より深い前傾姿勢で軸回転

片岡 大育 かたおか・だいすけ

1988年生まれ。167㎝、71㎏。17年は「ダイヤモンドカップ」優勝。指折りのショットメーカーで、フェアウェイキープ率はつねに上位。高知県出身。日立キャピタル所属。

片岡大育は「ドライバーのライン出し」で、250ヤード先のターゲットを点で狙うという。そのとっておきの打ち方を教えてもらった。

 

 

低い球をイメージして
コンパクトに振れば
狙ったところに打てる

 狭いホールなどで球を曲げたくないときに、ボクは「ドライバーのライン出し」というテクニックを使います。ティアップを低めにして、クラブを短く握ったら、そのぶんボールの近くに立ち、前傾姿勢を深くすることがコツ。こうしないとクラブがボールに届かず、真芯に当たりません。
 大事なのは、深い前傾姿勢をキープして、軸回転を強く意識すること。インパクトでカラダが起き上がらないように、低い球をイメージして、コンパクトにスイングしましょう。

 
状況に応じて、クラブを3〜5センチ短く握る。握り方はいつもと同じでOK

origexams.com buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-product-key buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-home-key