NEW スリクソン Zシリーズ Z585 Z785で、プロvsアスリートがガチゴルフ対決!【ジュン羽生】【益田直也】【中山雄一】【ニッチロー】

国内ツアーで切り替えたプロが5人も初優勝するなど、今もっとも勢いのあるクラブの1つNEW「スリクソン Zシリーズ」。そのクラブを使って4人のゴルファーがガチ対決!
●アスリートたちからの視聴者プレゼントもあり!

<前編>

● ゴルフ力が未知数のニッチロー’&現役バリバリアスリートの益田直也(千葉ロッテマリーンズ投手)、中山雄一(レーシングドライバー)の3人が、ジュン羽生プロに挑む!
●約300ヤードのワンオンチャレンジにも注目。

<後編>

● 後編は、難関PAR3と左ドッグレッグのPAR4が舞台!
●ニッチロー’のミラクルアイアンショット&益田直也のスーパーショットがジュン羽生を追い詰める!


【紹介ギア情報】
Z585ドライバーZ785ドライバー


以前のZに比べて、球の上がりやすさとつかまりが格段にアップし、それが飛距離性能にも直結しています。弾くのに柔らかい打感で飛ばせるのも好印象。Z585はよりミスに強く、オートマチックに飛ばせ、Z785は力のあるゴルファーが気持ちよく振り抜いていける特長があります。(羽生)
SPEC ●ヘッド体積/460cc●ロフト角/9.5、10.5度●長さ/45.25インチ●重さ/Z585=302g(Miyazaki Mahana・S)、Z785=309g(Miyazaki Mizu・S)●価格/Z585=6万3000円+税、Z785=6万8000円+税
※Z585はシャフト脱着不可、Z785は脱着可


NEW Zドライバーはここがすごい! 3ポイント


1.ライトウエイト カーボンクラウン

クラウン部に軽量カーボンを採用。生まれた3gの余剰重量をうまく生かして球を上がりやすくし、慣性モーメントも高めている。

2.Ti51AF カップフェース

軽いのに強いゼクシオにも使われている高弾性のチタンを使ったカップフェースで、反発力が高まり、高反発エリアも拡大。オフセンターヒットしても高初速で飛ばせる。

3.振りやすい2種類のミヤザキシャフト

純正シャフトには、中央部がしなってヘッドスピードが上がる「Miyazaki Mahana」(Z585・Z785)、クセがなく、しっかり振れる「Miyazaki Mizu」(Z785)もカスタムでラインナップ。


Z585アイアンZ785アイアン


スリクソンらしい顔の美しさはどちらにも共通していますが、球が上がりやすくミスに強いZ585はレベルに振る人、Z785は美しいヘッドで、打ち込みたい人に合います。どちらのアイアンの打感も非常にいいですね(羽生)。
SPEC ●ロフト角(#7)/Z585=31度、Z785=32度●長さ(#7)/Z585=37インチ、Z785=36.75インチ●価格(6本セット[#5〜PW])/Z585=12万円+税(Miyazaki Mahana挿着)、Z785=10万2000円+税(DG DST挿着)


NEW Zアイアンはここがすごい! 3ポイント


1.【Z585】スピードグルーブフェース

Z585は、フェースの周辺に溝を設置することで、フェースをたわみやすくさせ、反発性能を上げている。これにより飛距離性能がアップする。

2.【Z785】ツアーキャビティデザイン

Z785は、ターゲットユーザーの打点付近を肉厚化することで、キャビティバックながらも、マッスルバックのような柔らかい打感と操作性の良さを発揮する。

3.【Z585/Z785】新・Tour V.T.ソール

Z585はレベルに振ったときに抜けが良く、Z785はダウンブローで打ったときにヘッドが抜けやすいようにソールが設計されている。


【出演者情報】
レッスンプロ
ジュン羽生
●じゅん・はにう/1984年生まれ。初心者専門ゴルフスクール「サンクチュアリゴルフ」代表。アプローチの神の異名をもつ。

千葉ロッテマリーンズ投手
益田直也
●ますだ・なおや/1989年生まれ。現役投手。主に中継ぎ、クローザーとして活躍。2013年パ・リーグセーブ王。平均スコアは90前後。

レーシングドライバー
中山雄一
●なかやま・ゆういち/1991年生まれ。SUPER GT・GT300参戦、全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦。撮影前週に行われたスーパーGT300クラスで優勝。平均スコア85前後。

ものまね芸人
ニッチロー’
●にっちろー/1978年生まれ。ものまね芸人。プロ野球選手のイチロー選手のものまねが得意。なんと本日の企画がラウンド2回目。


クラブについてもっと詳細を知りたい方はクリックを!
NEW スリクソン Zシリーズ

origexams.com