【プロ直伝 上達のヒント】スライス防止/ドライバーのヒント

真の下半身リードは
右太モモを左足に寄せる

坂下莉彗子 さかした・りえこ

1990年生まれ。163cm。14年にプロ入り。ステップツアーを中心に活動中。17年は「山陽新聞レディースカップ」で9位タイに入った。兵庫県出身。フリー。

スライサーは下半身が止まっている。
坂下流の“下半身リード”でドローヒッターに生まれ変わろう。

 

 

下半身に意識を向けて
上半身のリキみを抑える

 スライスがよく出る人は上半身の力でクラブを振り下ろし、カット軌道になっています。ボールをつかまえるには、下半身リードで上半身を遅らせてクラブを下ろすことが重要です。 
 私はダウンスイングで右太モモを左足に寄せることを意識しています。下半身に意識が行くので上半身のリキみが自然と抑えられて、クラブがインサイドから下りてきます。また、カラダが左に突っ込むことなく下半身をスムーズに回転でき、左足に体重が乗ったインパクトで飛ばせますよ。

 
腕の力でクラブを下ろしてしまった。強めのアウトサイド・イン軌道になってスライスになる(左、真ん中) インパクトで右手を返してつかまえるのはNG。アドレスのときに右手をかぶして握っておけば、右手を返す動きが抑えられる(右)