【プロ直伝 上達のヒント】寄せワンの秘けつ/アプローチのヒント

安定してピンに寄せるには
手元を等速で動かす

新海美優 しんかい・みゆ

1995年生まれ。162cm。14年にプロテスト合格。17年はトップ10に5回入り初シードを獲得。今季は「ほけんの窓口レディース」で18位タイに入った。大分県出身。広島CC所属。

ショートゲームに定評がある新海美優に寄せワンの秘けつを教えてもらった。

 

 

一定のリズムで
打てればミスなく寄る

 私がアプローチで一番気をつけているのは、リズムです。一定のリズムで打てればミスなく安定してピンに寄せられます。しかし、ボールを拾いたいという気持ちが強いと、切り返しで急いでダフるミスが出ます。
 ミスを防ぐには、手元を等速で動かす意識をもってください。カラダから遠いヘッドよりも、手元を操作するほうが簡単。手元を振り上げるスピードと振り下ろすスピードをそろえて、振り子のようにスイングしてみましょう。打ち急ぎが抑えられて、ミート率が上がります。

 
「イメージは振り子です。振り幅の大小に関わらず、左右対称になるようにスイングしています」
 
スイングのリズムが崩れて打ち急ぐと、カラダが突っ込んでダフってしまう