【プロ直伝 上達のヒント】ミート率アップ/フェアウェイウッドのヒント

トップやダフリが出たら
“筒”のなかで振るイメージをもつ

川﨑志穂 かわさき・しほ

1996年生まれ。171cm。17年プロテストに12位タイで合格した。17年のドライビングディスタンス8位。飛距離を武器にした攻めのゴルフが持ち味。千葉県出身。ミツウロコグループホールディングス所属。

レベル軌道かつ、ソールを最大限に使うことが
フェアウェイウッドを打ちこなすポイントになる。

 

 

左足寄りにボールを置いて
ソールを滑らせる

 フェアウェイウッドをうまく打つには、ソールを滑らせることがポイントです。そのためボールは左足寄りにセット。スタンス幅の“筒”の中で軸をキープして振り、ボールの手前からヘッドをレベルに入れてください。逆にボールを右足寄りに置いてしまうと、ヘッドを上から入れやすくなるので注意。打点が少しでもズレると、ダフリやトップが出てしまいます。
 番手選択も重要です。3Wよりもロフトがある5Wや7Wを使うのをオススメします。ラクにボールが上がるので、すくい打つ動きが抑えられます。

 
ボール位置を右足寄りにセットすると、打ち込む動きが出る。ソールが使えないので、ヘッドが手前に入るとダフる(左) 3Wはボールを上げるのが難しいクラブ。ボールが上がるイメージが出やすい5Wで確実にミートしよう(真ん中) ボール位置は左足寄りにセットする。ボールの手前からソールを滑らせながら打ち、長いインパクトゾーンを作る(右)