【プロ直伝 上達のヒント】脱・すくい打ち/フェアウェイウッドのヒント

スクエアなインパクトを身につけるには
2本のティを使って
フェースの横幅ぎりぎりのゲートを作る

藤本佳則 ふじもと・よしのり

1989年生まれ。165㎝、68㎏。ツアー2勝。17年は「東建ホームメイトカップ」「中日クラウンズ」で2位に入り、賞金ランク24位。奈良県出身。国際スポーツ振興協会所属。

いくらショットがよくても、パットが入らなければベストスコアの更新は困難だ。
藤本佳則が取り入れているこの練習法でパットの精度を高めよう。

 

 

余計なことを考えず
インパクトに集中できる

 方法はいたって簡単。2本のティをグリーンに刺して、ボールの脇にゲート(門)を作りましょう。フェースの「横幅ぎりぎり」にゲートを設定することがポイントです。
 こうすると、意識がインパクトに集中。フェースの向きが少しでもズレると、どちらかのティに当たってしまうので、スクエアなインパクトが自然に身につきます。「真っすぐ引けない」「ヘッドが揺れてしまう」といった人にもオススメ。テークバックよりも、インパクトの重要性が体感できる練習法です。

 
ヘッドの「引き方」よりも「出し方」を考えるため、テークバックで余計なことを考えずに済む
 
インパクトでフェースがアドレスの位置に戻り、ティに触れずにゲートを通過すればどんな打ち方でもいい、と藤本はいう