【プロ直伝 上達のヒント】風対策/アイアンのヒント

風に負けない「強くて低い球」を打つには
ボールを右に置いてフェースをかぶせる

片岡大育 かたおか・だいすけ

1988年生まれ。167㎝、71㎏。3年連続で勝利を挙げている有望株。正確なショットとパットが武器。今季は海外ツアーにも積極的に参戦。高知県出身。日立キャピタル所属。

アイアンはボールが高く上がるぶん、風の影響を受けやすい。
アゲンストや横風が強いときはどうすればいいのか?

 

 

ややカットに振れば
ヒッカケを防いで真っすぐ打ち出せる

 ワンランク上のテクニックとして覚えておきたいのが、風に負けない「強くて低い球」です。アドレスでは、ボールを右足寄りに。目安はボール1個から1個半ほどで、そのぶんハンドファーストの度合いが強くなります。このとき、フェースを少しかぶせるのがコツ。トゥ側を閉じる感じで構えると、より低い球が打てます。
それに加えてボクは、ややカットにスイングします。こうするとダウンスイングでシャフトが立ち、ヒッカケを防ぎつつ、狙ったラインに正確に打ち出せるのです。

 
ややカットに振れば、インパクトでクラブが上から入り、方向性が向上する。
ダウンでシャフトが寝てしまうと、大きなミスになるので注意
 
ハンドファーストに構えるのが鉄則。
ターゲットへの目線を低くして、左右の肩の高さをできるだけ同じにしよう