ツアーの部門別ランキング1位の選手にはトップになったワケが必ずある! ここでは、19年女子賞金ランキング1位、平均パット数1位の鈴木愛にクローズアップ。年間7勝も挙げた賞金女王の「小柄でも飛ぶスイング」を奥嶋誠昭が解説する。
その他の「部門別ランキング1位」の選手のテクニックは、ワッグル3月号でチェック!
 


鈴木愛

●すずき・あい/1994年生まれ、徳島県出身。155cm。19年は3週連続優勝など、ツアー7勝を挙げて賞金ランキング1位に。ツアー通算16勝。セールスフォース所属。


 

体重移動を使って
横の動きを大きくする

鈴木選手のスイングの特徴は、横へのスライドが大きいこと。大きくスライドすることで捻転差を作り、パワーを溜める。これが小柄でも飛ぶ秘けつです。
この動きをマネるには、体重移動が不可欠。腰の回転を使いながら、バックスイングでしっかりと右足に体重を乗せ、ダウンスイングからインパクトにかけて左足に移す意識を強くもちましょう。


解説・レッスン=奥嶋誠昭
●おくしま・ともあき/1980年生まれ。世界最先端機器を駆使し、スイングを科学的かつ客観的に分析。アマチュアから高橋彩華や下川めぐみ、稲見萌寧といったツアープロまでレッスンを行っている。ノビテック所属。