百獣の王こと武井壮が、
ツアープロを目指していろいろな経験を積むのがこの企画。
今月のゲストは宮田成華プロ。
飛ばし屋どおしの戦いは、大接戦となった!

武井 白熱の戦いでしたね。残念ながら敗けてしまいましたが、楽しかったです!
宮田 武井さんは運がなかったですね(笑)
武井 ミスは3ホール目のセカンドだけ。あとはほぼイメージどおりのプレーができて完璧に近かったです。
宮田 想像以上に上手。最終ホールは追いつかれるかと思いました。
武井 1打差で迎えた440ヤードの長いパー4。僕のティーショットはベスポジ。宮田プロは右の林の下で出すだけ。「追い越すまである!」と思いましたが、宮田プロの3打目はベタピン。それでも僕も9番アイアンでベタピンにつけて、バーディで絶対に追いつくつもりで打ったのですが……
宮田 突然、風が(笑)
武井 完璧なセットアップからクラブをスッと上げたら、それまで微風だったのにビュ! って。ダウンスイングでは体があおられ、ボールがビシュ! っと真上に。風で戻されて3番手くらいショートしました。
宮田 そのあと武井さんのファーストパットが強すぎてオーバーしたのを見て「勝った!」と思って気が緩み、パーパットを外してしまいました(笑)


対談の続きは
4月21日に発売した「ワッグル」6月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

「FWが得意になる打ち方&選び方」
ぜひお楽しみください。