最適なフィットを追求し、
高いパフォーマンスをサポートする
BOA フィットシステム。
簡単、快適、楽は当たり前!
それ以上の魅力がBOAにはあるんです。
実際にボア搭載シューズを使用している
プロやコーチに、
ボアにこだわる理由を直撃しました!

小祝さくら

ECCO/バイオム G3

普段は紐タイプのシューズを履いていますが、ボア搭載シューズはより軽く感じます。私が履いているエコーのバイオム G3は、アッパーがやわらかいのが特徴です。やわらかいと足は楽ですが、やわらかいだけではスイング中に靴の中で足が動きすぎて、不安定になってしまいます。それを解消してくれるのがボア。足全体をしっかりホールドしてくれるので、どんなに動いてもフィット感があり、安心して力強く振ることができます。

辻村明志コーチ

FOOTJOY/プロ SL ボア

ゴルフは長い時間プレーするスポーツですが、足が圧迫され続けるのはよくないですよね。どこかで緩める時間が必要ですが、ボアならそれが瞬時にできます。また、足は日によってだけでなく、1日の中でも大きさが変化します。私が指導している上田桃子は、いつも同じ靴下を履くようにするくらい、足へのフィット感に気を遣っています。朝の足のむくみや、プレー後半のむくみなど、ボアはその足の変化に合わせてフィット感を変えられ、つねに最高のフィットを提供してくれるシューズです。

大西翔太コーチ

New Balance/MGBF574

昔からボアを愛用していますが、とても進化していますね。一度締めてできたフィット感はロックを外すまで緩みません。18ホール同じ状態を確実にキープしてくれます。これは紐タイプでは絶対にできないことですが「ほどけない」というのは、結構大事。少しでもほどけてしまうと気になって、プレー以外のことに意識がいってしまったり、ほどけてしまえば結び直しますが、その行為がプレーの流れを悪くする原因にもなるんです。ボアならそんな心配はまったく無用。プレーにだけ集中することができます。

堀川未来夢

BRIDGESTONE GOLF/ゼロ・スパイク・バイター・ツアー

このゼロ・スパイク・バイター・ツアーはスパイクレスシューズで、鋲が付いているものよりも軽く、試合で4日間プレーしたときも疲れ方が違います。もちろん安定したグリップ力もあるので、スイングのときの踏み込みもしやすいです。僕はプレー中、靴の中で左右のズレがあったりすると、それだけでパフォーマンスに影響すると思います。紐は締め具合の調節が難しかったり、最適な状態を見つけるのに苦労しますが、ボアはつねに左右均等に調節できるからいいですね。

目澤秀憲コーチ

adidas/コードカオス ボア ロウ

プレーにおいて足の締め付け度合いは、体重移動に影響するって知っていましたか? きつく締めすぎると体重移動が小さく、ゆるすぎると大きくなりすぎてしまいがち。例えば、きつく締めすぎた状態では、大きく体重移動しているつもりでもできていなかったりすることがあります。基本的には感覚どおりにウエイトシフトできる締め具合が理想です。ボアは人それぞれ感じ方が違うフィット感やホールド感を自在に調節できますし、その日によって変えることも簡単です。

西山ゆかり

Footjoy/ウィメンズ イーコンフォート ボア

村田理沙

asics/ゲル エース ツアーレディ ボア

堀琴音

Footjoy/ウィメンズ イーコンフォート ボア

幡野夏生

Mizuno/ネクスライト007 ボア