プレーのパフォーマンスがアップすると最近話題となっているのが
BOAテクノロジー社が提唱する“ラップ構造”を搭載したシューズ。
各メーカーが続々と採用しているこのラップ構造に注目して、
オススメの新作モデルシューズを見てみよう。

BOAテクノロジー本社の研究施設「パフォーマンスフィットラボ」では、生体力学的観点からさまざまな運動とフィットの関係を解析している。同社はシューズのアッパー構造から見直し、徹底的に比較検証。これにより足全体をパネル形状のアッパーで包み込みBOAフィットシステムでフィット調節するという構造が特定の動作に対しパフォーマンスを向上させることを証明し、「PerformFit Wrap®(パフォームフィットラップ)」と名付けた。シューズメーカー各社もラップ式のアッパー構造の可能性に着目し、同構造を採用した製品を続々と発表。今後さらなる研究によって、飛距離アップや精度など、さらなるパフォーマンスの向上が期待されている。

FOOTJOY フットジョイ
スーパーライトXP スパイクレスBOA

ラップ構造「WRAPIDラップフィットシステム」を搭載し、BOAフィットシステムと連動した甲部分のラップで、カカト・甲部分全体を包み込むようにホールド。足とシューズの動きをより一体化させ、しっかり安定したプレーを実現する。また、重さはなんと269g(片足26cm、FJ調べ)でフットジョイ史上最軽量。ただ軽いだけではなく、アッパーに優れた防水性を兼ね備えた柔らかい人工皮革を採用することで、長時間のラウンドでも快適な履き心地をサポートする。

【問】アクシネット ジャパン インク www.footjoy.jp

New Balance ニューバランス
FRESH FOAM 4300B

生体力学に基づき配置した甲部の3本パネルとBOAフィットシステムが連動した「パフォーマンスフィット構造」で、足の横ブレを抑え、正確なスイングと快適な歩行を実現。柔らかく通気性抜群のメッシュアッパー、クッション性と安定性に優れたFRESH FOAMミッドソール、高いグリップ性を発揮するアウトソールは、18ホールを歩いてラウンドするプレーヤーのパフォーマンスアップに貢献すること間違いなし!

【問】ニューバランス ジャパン shop.newbalance.jp

ECCO エコー
バイオム®︎ H4 パフォーマンスフィット

アッパーには通気性と柔軟性に優れるドリトンナッパレザーを使用。甲全体をやさしく包み込むラッピングベルトとの相乗効果で極上のフィット感を体感できる。ラストは約2500人の足型から生まれた足の自然な動きをサポートするBIOMラストを採用し、多くの人にフィットする柔軟で軽快な履き心地を生み出した。さらに安定性の高い新開発MTNアウトソールや、防水透湿機能が抜群のGORE-TEXを搭載。どんなシチュエーションでも安心してプレーできる。

【問】エコー・ジャパン https://jp.ecco.com/

adidas golf アディダスゴルフ
ZG21モーションBOA

“妥協ZERO”で話題となったZG21BOAの、より強く・速いスイングをサポートする性能はそのままに、さらなる快適性とフィット感を追求。アッパーにはPRIMEGREENリサイクル素材を使用し、ミッドカット構造を搭載。足首周りまでソフトに足を包み込みながらも、従来のニットアッパーとは違い、通気性などの快適要素はそのままに繊維素材の伸びを極限まで抑えた設計にすることで、よりアグレッシブに振っていけるニットアッパーに進化した。

【問】アディダスゴルフ shop.adidas.jp/golf

BOAフィットシステムについて詳しく知りたい人はこちらの記事もオススメ!