中井学プロが「レベルを問わずこのスイングをオススメします」というタイトルで発信している動画がバズっている。このスイングを目指して練習すれば、ビギナーはスピーディに100切りを達成。アベレージゴルファーはスコアが70台に近づく。上級者はアンダーパーが目指せるという。

ポイントは中井が提唱し続ける
ボディスイング

 つまり、体で打つことが大切なのだが、意識してもアマチュアができない原因やマスターするためのコツをわかりやすくレッスン! まずは、ビフォー・アフターで中井のスイングとイメージしていたことを紹介。一見、どちらもいいスイングで、大きな違いが見えないが「アフターのスイングに変えていなければ、プロにはなれませんでした」とまでいう、大きな変化があるそうだ。

「腰よりもお尻のほうが
きちんと動く!」から生まれた
”ヒップターン“

中井が提唱する“ヒップターン”は「腰を回せといわれてもできないアマチュアができるようになる」レッスン。意識を腰から「お尻の左右の位置を入れ替える」にすることで、結果的に腰がスムーズに回る。


続きは
10月21日発売の「ワッグル」12月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

大人気ゴルフYouTuberのバズった動画を誌上レッスン!
ぜひお楽しみください。