視聴回数3600万回を超える
「試打ラボしだるTV」はトラックマンデータを使って
最新クラブを紹介する人気チャンネル。
そのなかで石井良介プロが、自分のアドレスが
間違っていたことに気づいた回が話題に!
石井本人も衝撃を受けた正しいアドレスとは?

スクエアに構えた
つもりが7度クローズ!?

 昨年、計測器で私のアドレスのデータをとってみたら、フェースの向きが「7度クローズ」という衝撃の結果が出ました。もちろん私自身はスクエアに構えていたつもりですが、フェースではなく、フェースのトップラインをスクエアにしていただけだったのです。
 最近のドライバーはトップラインが少し逃げているので、トップラインをスクエアにするとフェースは閉じる。それでもボールが真っすぐ飛んでいたのは、無意識のうちにフェースを開いて打っていたからで、「余計なことをしなくてはいけない複雑なスイングをしていたのか」と気づきました。
 それ以降、少し開いて見える構えにしたら、スピン量は適正になり、初速もアップ。アドレスでは開いて見える向きが、本当のスクエアだったのです。


続きは
10月21日発売の「ワッグル」12月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

大人気ゴルフYouTuberのバズった動画を誌上レッスン!
ぜひお楽しみください。