この動きがスゴイ!“手先を操作しない”再現性の高いスイングとは?

今季男子ツアーで台風の目になっている2選手がいる。今回は大西魁斗プロのスイングをツアープロも指導している阿河徹コーチに解説してもらった!

【あわせて読みたい】24歳・大注目の新星!初優勝も近い…!? 岩﨑亜久竜のスイングを解説

今の若手に多い体主体のスイング

大西選手は岩﨑亜久竜選手(上記記事参照)とは、正反対のスイングタイプですね。まるで、ワキにタオルを挟んだまま打っているみたい。終始、体が締まっています。多くのアマチュアは、体がゆるんでしまいますが、トップまでに体を締めるとオーバースイングが防げます。なのに、大西選手はトップが大きい。これは柔軟性が高く、可動域も広いがゆえ。まさに若さですね(笑)。

また、体を締めることは、体の入れ替え動作がしやすいメリットがあります。体の位置を入れ替えれば、回る動作だけで打てる。手元から先の操作が減るので安定感が増し、スイングの再現性が高くなります。今の若い選手は大西選手のように、体を回すだけのスイングタイプが多い。体主体のスイングも見てマネるのも上達に役立ちますが、僕ら世代より上の40歳後半以上のゴルファーは、ヘッドを積極的に動かすことも必要。そういった違いを感じたり、学ぶこともできるでしょう。

切り返しでタメが作りやすいトップ

トップで左腕とフェースの向きがほぼ同じになる、フェースオープン気味のトップ。このトップの利点は、切り返しでタメが作りやすいこと。力が溜まり、へッドスピードも速くなる

体を締めてクラブを上げると上体が反ったようなトップになるが、そこから左へと回転し、体の左右を入れ替えて打つスイングはとてもシンプル。手先を操作する感覚がなくなる

いかがでしたか? 今回は大西プロのスイングを解説してもらいました。皆さんもスイング練習の参考にしてみて下さい!

解説=阿河徹
●あが・とおる/1976年生まれ、香川県出身。サンディエゴゴルフアカデミー卒業。アメリカに留学し、最新スイング理論を学び、ツアープロコーチとして多くのプロを指導。現在は、東京都・世田谷区の井山ゴルフ練習場で、アマチュアのレッスンも精力的に行なっている。

大西魁斗
●おおにし・かいと/1998年生まれ、愛知県出身。177cm、70kg。21年にプロに転向。今季はISPSHAND A欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!2022で4位、ダイヤモンドカップで2位タイ、JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP byサトウ食品2022で2位と好成績を収める。ZOZO所属。

【あわせて読みたい】

「チャーシューメン」ではなく…!?三ヶ島かな、いいリズムでドライバーを振る方法を伝授!

「どれが操作しやすい?」“最新アイアン8本”を一気試打!鹿又芳典が解説

4Wで“ドライバーなみ”に飛ぶ…!?「ダンロップ ゼクシオ FW」をゴルフ編集者がガチ試打!

関連記事一覧