顔に似合わず、やさしいヤツ
スリクソン Z585 ドライバー

「ゼロからドライバーを作り直す」をコンセプトに開発された、スリクソンのNEWドライバー。カップフェースやカーボンクラウンなどのテクノロジーを詰め込んで、やさしく生まれ変わったとのこと。ボクの球筋もゼロから劇的に生まれ変わらせてくれるのではないかという、淡い期待を胸に早速打ってみました。構えた感じはスリクソンらしい、アスリート顔でアドレスしやすい。打ってみると、その顔らしからぬやさしさにびっくり。Z585とZ785の2タイプのヘッドがあって、ボクはほどよいつかまり感のあるZ785が気に入りました。スリクソンのイメージがガラリとかわること間違いなしなので、ぜひ打ってみてください。
.
<SPEC>
●素材/フェース:チタン(Super-TIXョ 51AF)、ボディ:8AL-2Vチタン、クラウン:CFRPコンポジット●体積/460cc●ロフト角/9.5、10.5度●シャフト/ミヤザキMahana カーボン(R、SR、S)、ミヤザキMIZU 6 カーボン(S、X)●重さ/303g(ミヤザキMahana カーボン)●長さ/45.25インチ●価格/6万8000円+税 住友ゴム工業 ☎️0120-65-3045

クラウン部分には軽量のカーボン素材を採用しているそうですが、スリクソンらしい爽快な打音はキープされています!

<書いた人>

佐々敏郎

会社では話しかけても言葉を発しない。ラウンドではミスするたびに「やってもーたぁ!」と大声で叫ぶ。ゴルフは性格が出るというから、本性は後者か。

origexams.com