【プロ直伝 上達のヒント】ミスの連鎖を防ぐフェアウェイウッドのヒント

突然、当たらなくなったら
肩と腕の三角形をキープ!

片岡 大育 かたおか・だいすけ

1988年生まれ。167㎝、68㎏。今季は「アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ」優勝。3年連続で勝ち星を挙げている若手実力派。高知県出身。Kochi黒潮CC所属。

トップのミスが出たと思ったら、次は大ダフリ……。フェアウェイの芝が薄くなるこの時期は、とくにミスの連鎖が起きやすい。どうすればいい?

 

 

胸の面をボールに向ければ
ミート率アップ

 ミスの連鎖は、「カラダ、腕(手)、クラブ」の関係性が崩れている証拠。突然、当たらなくなったら、その関係性を見直す必要があります。
 一番簡単な方法は、アドレス時にできる「肩と腕の三角形」を意識し、インパクトゾーンでキープし続けることです。この三角形を意識すれば、手首の余計な動きが抑えられて同調性が向上。薄い芝の上でもソールが滑ってくれます。インパクトでは上体が突っ込まないように、「胸の面をボールに向けて打つ」ことを心がけましょう。

 
インパクト直前の写真を見ると、三角形をキープしたまま、カラダの正面で打っている。
このカタチを参考にしよう
 
インパクトで、胸の面(上体)とボールが正対するのが理想的(○)
胸の面が左(目標側)を向いてしまうと、真っすぐ飛ばない(×)

210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps 600-509 dumps 600-510 dumps 600-512 dumps origexams.com buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-product-key buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-home-key