【アイアンのヒント】スライス撲滅ドリル

カットスライスを直すには
背中を目標に向けて振ってみよう

重永 亜斗夢 しげなが・あとむ

1988年生まれ。172㎝、60㎏。ツアー初優勝が期待される有望株。持ち球は精度の高いドローボール。今季は日本プロで10位。熊本県出身。ホームテック所属。

 スライスがどうしても直らないという人はこのドリルがオススメ。球をつかまえて左に曲げる感覚をつかむことがポイントだ。

 

ショートアイアンで球に
フック回転がかかれば合格

  まずスクエアな構えから、背中が目標を向くくらいカラダ全体を時計回りに回転させます。約45度のクローズドスタンスが目安。この体勢からスタンスなりに振ってみてください。
 背中を目標に向けたままクラブを振り下ろし、手首を積極的に使ってフェースを返します。こうやって極端な動きをすれば、カラダの開きが抑えられ、球にフック回転がかかるようになります。ショートアイアンで左に曲がるようになったら、この感覚を保ったまま、スタンスを徐々にスクエアに戻しましょう。

 

目標よりも右に打ち出すことで、軌道がアウトサイド・インからインサイド・アウトになり、カット打ちが直る(右)/左肩や左腰といったカラダの左サイドが早く開くと、クラブが外側から下りてしまい、カットスライスが出る(左)