【プロ直伝 上達のヒント】方向性アップ/ドライバーのヒント

球を曲げたくないときはバックスイングで
左肩を下げてタテ振り!

今平周吾 いまひら・しゅうご

1992年生まれ。165㎝、63㎏。昨季「関西オープン」で悲願のツアー初優勝。今季もすでにベスト10入り5回と絶好調。埼玉県出身。レオパレスリゾートグアム所属。

今季も好調をキープしている今平周吾は、
狭いホールのティショットでひと工夫。これができればシングル入りだ!

 

 

タテ振りなら方向性が高まり
狙い打ちができる

  ドライバーはシャフトが長いぶん、ヨコ振りになるのが自然ですが、ボクは球を曲げたくないときは「タテ振り」をイメージ。アイアンのようなスイングで方向性を高めています。
それにはバックスイングで左肩を下げるのがコツ。レベルに回すのではなく、左肩をやや下げながら回すことによって、アップライトなプレーンになり、タテ振りの感覚が生まれるわけです。もちろん短くグリップして、ティは低めに。ターゲットへの目線も低くして、コンパクトにスイングしましょう。

 
クラブを短く握ったら、コンパクトかつ、やや高めのトップを作り、そこから直線的にクラブを振り下ろす(右) 上体が起き上がると、クラブをインに引きすぎてしまい、ショットがブレやすくなるので注意しよう(左)

403 Forbidden

Request forbidden by administrative rules.