【アプローチのヒント】高速グリーン対策

これができたらシングル入り!
両ヒジをやわらかく動かすと
フワリと上がる

稲森 佑貴 いなもり・ゆうき

1994年生まれ。169㎝、68㎏。今季は東建カップ4位などツアー初優勝まであと一歩。15、16年とフェアウェイキープ率1位。鹿児島県出身。グリーンゴルフ練習場所属。

スピンショットやロブショットは難易度が高く、ミスをしやすい。その代わりとして武器になるのが、フワリと上がる「やわらかい球」だ。 

 
スイング中、両ヒジの間隔と角度が変わらないように、
カラダの回転と腕の振りを同調させることが大切

  

硬くて速いグリーンは
球の重さでコロがりを
最少限にとどめる

 ウエッジのフェースを開いて、球の打ち出し角を高めにしながら、初速をゆっくりにするのがワンランク上のテク。球の重さを利用することで、コロがりを最少限にできます。
 それにはアドレス時に両ヒジを軽く曲げて、ゆとりをもたせたら、振り子の感覚でスイングしましょう。ヒジの関節をやわらかく使えば、手首の関節もやわらかくなり、打ち方を大きく変えなくても球がフワリと上がります。ヒジを突っ張ると、球が低く強く飛び出してしまうので注意しましょう。

 

 
アドレスでもインパクトでも、ヒジを突っ張ってしまうと、インパクトが強くなりすぎて、グリーンオーバーといったミスが出やすくなる

210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps 70-246 exam 70-342-dumps 70-346-dumps 70-417-dumps 70-461-dumps 70-463-dumps 70-483 exam 70-488-dumps 70-494-dumps 70-532-dumps 70-534-dumps 70-673 exam 70-686 exam 70-980-dumps 712-50 exam 74-409-dumps 74-678 exam 810-403 exam 98-365-dumps 98-368-dumps C2010-595-dumps cwna-106-dumps DEV-401-dumps E05-001-dumps E20-547 exam hp0-y50-dumps IIA-CIA-PART2-dumps lx0-103-dumps m70-101-dumps MA0-101 exam mb2-707-dumps mb2-708-dumps mb2-705-dumps NS0-505-dumps TB0-123-dumps VMCE_V9-dumps