【プロ直伝 上達のヒント】アイアンのライン出し/アイアンのヒント

ハーフショットの延長で
フェースの開閉量を少なくする

星野陸也 ほしの・りくや

1996年生まれ。186㎝、75㎏。16年夏にプロ転向し、昨季は本格参戦1年目で見事に初シード獲得。今季のチャレンジ開幕戦を制して、プロ初勝利も挙げた。茨城県出身。フリー。

どうしても球が曲がってしまうという人は、フェースローテーションを抑えたハーフショットの練習からはじめてみよう。

 

 

左手甲でボールを打つイメージで
ヘッドを低く長く出す

 まずは腰の高さのハーフショットからスタート。テークバックでクラブをインサイドに引くと、フェースの開閉量が多くなってしまうので、真っすぐ引くことがポイントです。そしてインパクト以降、手首が返らないようにヘッドを低く長く出していきましょう。
 振り幅が大きくなると、クラブの遠心力でフェースがターンしますが、感覚的にはこのハーフショットの延長で、手首を意図的に返す動きはNG。ボクは「左手の甲でボールを打つ」イメージで振り抜いています。

 

 
手首を意図的に返すと、フェースの開閉量が過剰になり、タイミング次第で大きく曲がってしまう

origexams.com buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-product-key buy-windows-10-enterprise-key buy-windows-10-home-key