百獣の王こと武井壮が、ツアープロを目指して
いろいろな経験を積むのがこの企画。
今月のゲストは、4年前にも対決した大西葵プロ。
前回はふたりともボロボロだったが、
現在の成長にお互い驚いた!

武井 4年前はパットだけじゃなく、ティーショットもセカンドもなんか不安げで「あぁ、これから頑張っていく選手なんだろうなぁ」って感じでした。それが今ではたたずまいからルーティンまで、もうすっかりツアーで活躍しているプロの雰囲気でしたよ。
大西 それ、めっちゃうれしいです♪
武井 4年前の対決は、お互いボロボロだったもんね(笑)。しかも、あのときは白ティーからでしたよね。今日はバックティーでもパープレー。
大西 たしか、前回はひどいスコアでしたよね(笑)
武井 ラウンド終わったあとふたりとも、口がポカーンと開いていましたもんね(笑)。今日は口もプレー内容も締まったラウンドで、バーディも獲れたしよかったです。
大西 武井さんもすごい成長してません?
武井 僕もよくなったでしょ!
大西 前回と比べたらかなり(笑)
武井 僕はもともと低いレベルから上がっただけだから。それより大西プロの変化のほうがすごいです。
大西 ゴルフへの取り組み方も考え方も変わりましたね。
武井 パターイップスとまでいっていたのに。前回の対談のとき、僕は「もっと引いて宇宙から地球にいる自分を眺めたら、パターが入らないなんてちっぽけなことだよ」なんてアドバイスしたのを覚えています。


対談の続きは
8月21日に発売した「ワッグル」10月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

「パーを獲り続ける極意!」
ぜひお楽しみください。