プロとアマチュアで、結果に大きな差が出るのはグリーンまわり! しかも、状況が難しくなるほど
プロのように寄せられないアマチュアが多い。
「僕のYouTubeでも人気で、アマチュアが苦手とするライといえば『薄い芝から』と『固いバンカー』ですね。
寄らない原因は、寄せるために必要なことの工夫不足と勘違いです」と岩男健一プロ。なんとなくこうやって打てばいい、ではなくはっきりと「プロはこうしてます!」をレッスンする。

アプローチの延長で
コンパクトに振る

 固くて砂の量が少ないバンカーが難しいのは、本来、バンカーショットでは積極的に活用したいバンスが、固い砂に弾かれてしまうためです。その結果、トップして出なかったり、ホームランなどの大きなミスが出やすくなる。また、基本的には「飛びすぎてしまう」状況だというのも覚えておいてください。
 うまく打つのに重要なのは、バンスの跳ね返りを小さくすること。ヘッドスピードが速くなりすぎないように振り幅を小さくする。アプローチの距離感の振り幅よりも少し大きいくらいでOK。フェースもあまり開かず、いつもよりボールに近いところにヘッドを入れていくのがプロの工夫です。


続きは
10月21日発売の「ワッグル」12月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

大人気ゴルフYouTuberのバズった動画を誌上レッスン!
ぜひお楽しみください。