【プロ直伝 上達のヒント】ドライバーのヒント/ショットの精度を上げる

カラダの開きを抑えるには
左肩でクラブを引っ張る

小林伸太郎 こばやし・しんたろう

1986年生まれ。177㎝、82㎏。「日本ジュニア」「日本アマ」を制してプロ入り。正確なショットに定評がある。今季はシード奪還と初優勝を目指す。群馬県出身。焼鳥まさや所属。

ベストスコアを出すには、
ドライバーショットの精度を上げることが第一条件。
「左肩」の動きを意識すれば、より正確に、より遠くに、飛ばせるぞ!

 

 

右肩が突っ込まないから
カラダの正面で正確に打てる

 インパクトでカラダが開いてしまうと、球がつかまらず、ショットの精度が悪くなります。このミスを直すには、切り返しで左足を踏み込んだら、「左肩」でクラブを引っ張るイメージをもちましょう。
 手でなく、肩を意識するのがポイント。こうすると手打ちにならず、タメが自然に生まれます。同時に右肩が突っ込まなくなるので、カラダの開きが抑えられ、カラダの正面で正確に打てるわけです。最初は上の写真のようなシャドースイングで、正しい感覚をつかんでください。

 
カラダが早く開くのは、「右肩の突っ込み」が大きな原因。
左肩の動きを意識すれば、これを修正できる
 
インパクトで肩のラインが開かず、カラダ(胸)の正面で打てるため、
ショットの精度が格段によくなる

origexams.com