【ゴルフ開眼トーク】プロはダウンブローで打っている意識がない!<前編>

悪い形とされる「ハンドレイト」のレッスンがあってもいい!

今野 それが基本とされているのは、ハンドレイトになっている人が圧倒的に多いからでしょう。だから「ハンドファーストで打ちなさい」というレッスンが増えて、いつしか基本といわれるようになった。
ヒデ えー! 連続写真を見てもハンドファーストになっていない?
今野 スピン量を増やしたいなど球質を変えたい状況でなければ、ジャストインパクトの写真はなっていませんね。
ヒデ インパクト前後の写真でも手前ではタメができていて、直後にはヘッドより手元が先行していくじゃない。
今野 それは錯覚です。正面からの連続写真は、カメラが正面で固定されています。プロのような正しいスイングは、カラダの回転にそって手元が動く。すると、インパクト以降、手元は左にスライドするように引き込まれていく。その状態がハンドファーストに見えるのでしょう。
ヒデ なるほど。もし、カメラがカラダの回転に沿って動いて、インパクト直後に右に動いた位置で撮ったら……
今野 手元かヘッドのどちらかが、先行したカタチにはなっていないでしょうね。
ヒデ そうなると「シャフトを垂直に立ててインパクト」が正しいのか。
今野 「正しい」は人それぞれだと思います。ヒデさんもハンドレイトになるからハンドファーストのダウンブローをマスターしようとしたんですよね?
ヒデ そう。10年やっても身につかないけど。
今野 さっき聞いたようにヘッドを刃から入れようとする意識も手伝って、ハンドファーストになりすぎているからプロのようなターフがとれないのかもしれません。
ヒデ ハンドファーストのダウンブローが、逆効果になっている?
今野 はい。10年もやり続けているなら「やりすぎ」のオーバードゥになっている可能性は高いですね。ここらでハンドレイトで打つイメージにチェンジしたほうが、いいかもしれません。
ヒデ ハンドレイトって悪い動きじゃない!?
今野 でも、ハンドファーストにしようと思ってミスするなら、ハンドレイトにしようというレッスンがあっても間違いではありません。オーバードゥになることは多々あるんです。カット軌道にならないようにインサイドにクラブを引いての「引きすぎ」なんかも多い例ですね。
ヒデ でも、オレのインパクトがハンドファーストすぎると決まったわけじゃないよね。
今野 そうですねぇ。では、ちょうどここにアイアンがあるので試してみましょうか。このアイアンをライ角どおりにソールして、正面から見たシャフトの傾きは地面と垂直にします。クラブの設計図どおりのアングルです。これでインパクトのカタチを作ってください。どうです?
ヒデ すっごいハンドレイト!
今野 これをハンドレイトと感じるヒデさんは、ハンドファーストすぎ。逆にハンドファーストに感じる人は、ハンドレイトになっている人です。
ヒデ そっかぁ。オレは10年でやりすぎになったってことか……
今野 気落ちすることはありません。今日「基本」という話にもなりましたが、基本は両端の真ん中でとるものなんですよ。ハンドレイトとハンドファーストの中間がインパクトの基本。入射角はダウンブローとアッパーブローの中間が基本。真ん中はどちらか片方ではできないんですよ。
ヒデ ということは、ハンドレイトだったからハンドファーストにしたオレは、もう両端を経験している!
今野 なので、真ん中の基本をつかむのは早いと思いますよ。ボクがゴルフ留学中、アメリカのコーチから「スライスとフック、7回ずつ悩んだらストレートが打てるよ」といわれました。
ヒデ フックとスライスの真ん中がストレートだからか。でもなんで7回?
今野 7往復もしたら気づくだろ、ってことですね(笑)。スライスで悩んだぶんだけフックでも悩まないと、ストレートにはたどり着けないよって。
ヒデ とはいえ、やっぱり10年はムダだったなぁ。男子プロのマネなんてしなければよかった。
今野 いや、正しくできなくても男子プロっぽい動きやカタチは、1度はトライしたほうがいいんですよ。できる、できないは別として、トップレベルのスイングを知っていると、スイングに深みが出ます。
ヒデ うなぎや寿司みたいなもんか。「特上」を知らずに「上」で満足してしまうと、一番うまいものがわからない。
今野 ゴルフはスイングもスコアメイクも、最低から上げていくよりも最高から下げていくほうが、最高に近い結果を得られることが多いんです。
ヒデ 特上は高いから「上」で妥協することがよくあるけど、特上からならひとつ下げても「上」か。
今野 そうです。「上」からひとつ下げたら「並み」。並みのスイングですよ(笑)。男子プロの特上スイングをお手本に「特上」に近いスイングを手に入れてください。

今野一哉

●こんの・かずや/1982年生まれ。スイング、コース、マネジメント、ギアなどを幅広く猛勉強。蝶ネクタイを身につけた「ゴルフのコンシェルジュ」としてさまざまなメディアで活躍中。18GOLF代表。

origexams.com