最大効率スイングで話題の菅原大地プロのレッスンは
ビギナーでもわかりやすく、
すぐに効果が出ると大人気!
そんな彼の「ドライバーがうまくなるとっておきの練習法」を紹介します!

クラブが勝手に戻って
ボールに当たるのが理想

 まずスイングで大切なことは、意識してボールに当てることではなく、バックスイングで足と体をひねったら、クラブが勝手に戻ってボールに当たるような形を作ること! その形を作るためには、いきなりクラブを持ってフルスイングするのではなく、腰の高さまでのハーフスイングで、動作の一つひとつを確認しながら練習することが大切です。なので、最初はクラブを持たずに、体の回転を意識しながら、ハーフスイングでもクラブが体に巻きつくような、インサイド・イン軌道を身につけていきましょう。

クラブなしのスイング方法!
これ形がスイングの土台となる

 クラブを持たないハーフスイングの素振りの仕方は、クラブを持ったときと同じアドレスをとって、手元を始動させるとき、手元をできるだけ体から遠ざけ、体を回転させていきます。すると、腰の高さのスイングでもしっかりねじれが起こっていることがわかるはず。そして、切り返し以降も体をしっかり回す。下半身が止まってしまうと、頭が突っ込んで軸が左に傾いたり、腰が横にスライドしてグラついてしまいます。フィニッシュはハーフスイングでも、頭が左足の真上にくるようにしてください。


クラブの握り方やクラブを持ったスイングを紹介している
続きは
10月21日発売の「ワッグル」12月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

大人気ゴルフYouTuberのバズった動画を誌上レッスン!
ぜひお楽しみください。