• HOME
  • ブログ
  • 情報
  • スピンかかるのはどっち?“アプローチの神”・伊澤秀憲が解説!【アクセス数記事トップ3】

スピンかかるのはどっち?“アプローチの神”・伊澤秀憲が解説!【アクセス数記事トップ3】

今回は、「ワッグルONLINE」で7月後半に公開した記事の中で、アクセス数が多い人気の上位3記事を紹介していきます。

まずご紹介していくのは、第3位の記事です。

【動画で見る】スピンが“超簡単”にかけられる打ち方!アプローチの達人・伊澤秀憲プロが解説【レッスン】

第3位:
短いパットで“絶対NG”なことは?気をつけるべきポイントをゴルフコーチが解説!

ラウンド当日、「ミスが止まらない」「いつもは出ないミスを連発する」「うまく打てない状況があった」。そんなときは、このレッスンをチェック! 当日でも簡単にミスの対処ができるので、覚えておくととても役立つ。

今回は、短いパットで気をつけるべきポイントを大堀貴子コーチに解説してもらいました。

方向を合わせて芯に当てる

本番前もスパットを見つけて打つ練習しよう! ロングパットだけでなく、ショートパットでもスパットを見つけて打つと方向性が安定する

距離の長いロングパットではスパットを見つけて打つのに、ショートパットではカップだけ見て打つ人が多いですが、短い距離のショートパットは方向性命! ライン上にスパットを見つけて、そこを通す練習をしておく。面倒くさがってはいけませんよ(笑)

バックスイングとフォローの振り幅を同じにするとフェース向きがズレにくくなる。ヘッドの芯もあたりやすい

スパットにきちんと打ち出すことで、フェース向きのズレをシャットアウト! 打ち出す方向さえズレなければグッド。タッチは少し強めでオッケーです。カップを見ないで、スパットに集中して打ってください。

カップを意識しすぎるとヘッドアップしやすく、フォローが大きく出てしまう。これは、もっと手前のスパットを見ることで防げる

ストロークの大きさは左右対称で。フォローが大きすぎるとフェースが開く、フォローが小さすぎるとフェースが閉じるインパクトになりやすいので、振り幅を左右とも同じ大きさにするのがフェース向きのズレを防ぐコツです。

いかがでしたか? ショートパットに苦手意識を感じた時は、今回のレッスンを思い出してみましょう。

レッスン=大堀貴子

●おおほり・たかこ/1981年生まれ、茨城県出身。大学卒業後にオーストラリアにゴルフ留学し、海外のゴルフメソッドを学ぶ。帰国後は植村啓太に師事し、ゴルフスイングやレッスンを学び、K’s Island Golf Academyでレッスン活動を行なっている。

写真=村上悦子
協力=サザンヤードカントリークラブ

アクセス数第2位の記事はこちら。

第2位:
ウェッジ14本を試打解説!アマが選んだ「ベスト3」は?選ばれたのはあのモデル…!?

クラブでアプローチの苦手意識を克服できるのか? 若手の現役ツアープロの岡村了プロが、ウェッジ14本を試打解説!

そして、ウェッジの買い替えを検討しているアマチュアにも、試打してもらい「ベスト3」を決めてもらいました。

テーラーメイド
MG3 クロームウエッジLB

悪いライでもヘッドを
ボールの下に入れやすい

この形状でローバンスになっていると、ボールの下にヘッドを入れやすいので、傾斜やラフ、ベアグラウンドなどライが悪い状況でもしっかりボールにコンタクトできます。薄芝でトップのミスが多い人にオススメです

SPEC●素材/軟鉄[8620]●ロフト角/56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドHTLABEL(S200)、N.S.PROモーダス3ツアー105(S)●総重量(58度)/約478g(ダイナミックゴールドHTLABEL・S200)●価格/2万5300円~

テーラーメイド
MG3 クロームウエッジHB

ダフリ、ザックリを解消バンカーにも強い!

これはダフリやザックリのミスが多い人に使ってほしいモデルですね。バンスがきれいにすべってくれる感覚があって、ヘッドがボール手前に入ったときでも大きなミスが出にくい。バンカーにも強いウエッジです。

SPEC●素材/軟鉄[8620]●ロフト角/56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドHTLABEL(S200)、N.S.PROモーダス3ツアー105(S)●総重量(58度)/約478g(ダイナミックゴールドHTLABEL・S200)●価格/2万5300円~

キャロウェイ
JAWS フルトウ

開いて打ちやすい激スピン系

スピン性能がとても高いです!フェース全面にスコアラインが入っているので、スピンをしっかり入れられるイメージがわく安心感もあります。開いても打ちやすい形状なので、いろいろなライや球筋に対応できる万能型ですね。

SPEC●素材/軟鉄●ロフト角/54、56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールド(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)●総重量(58度)/約473g(ダイナミックゴールド・S200)●価格/2万5300円

ダンロップ
クリーブランド RTX フルフェース

抜けがよくて長いラフに強い!

ヒール側は低く、トゥ側は高いソール形状になっているので、開いて構えてもすごく抜けがいい。このタイプは深いラフや夏ラフに強い。打点が少しセンターからズレても、スピン量がほとんど変わらず安定感があります。

SPEC●素材/軟鉄●ロフト角/50、52、54、56、58、60、64度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールド(S200)、N.S.PRO950GH(S)●総重量(58度)/478g(ダイナミックゴールド・S200)●価格/2万900円~

テーラーメイドMG3 クロームウエッジSB

オーソドックスで平均点が高い

顔もソール形状もすごくオーソドックスでクセがないから、誰が打っても打ちやすい。インパクトでフェースにボールがしっかり乗るので、低い出球でスピンを効かせたり、1ヤード単位の距離の打ち分けがしやすいです。

SPEC●素材/軟鉄[8620]●ロフト角/46、50、52、54、56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドHTLABEL(S200)、N.S.PROモーダス3ツアー105(S)●総重量(58度)/約478g(ダイナミックゴールドHTLABEL・S200)●価格/2万5300円~

ピン
グライド4.0 Tグラインド

10ヤードでもスピンが効いて止まる

短い距離がすごく打ちやすい。ローバンスの抜けのよさを利用すると、10ヤードくらいの距離でもギュギュッとスピンが効いてくれる。フェースコントールもしやすいので、ラインに乗せるアプローチが打てます。

SPEC●素材/8620カーボンスチール●ロフト角/58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドEXツアーイシュー(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)など●総重量(56度)/約460g(ダイナミックゴールドEXツアーイシュー-S200)●価格/2万7500円~

ピン
グライド4.0 Sグラインド

シャープな形状で開いても打ちやすい

他のモデルと比べても、ちょっと小振りに見える顔ですごく構えやすい。ソールの抜けもいいのでカット軌道で高いボールを打ったりするワザが使いやすい。少し長めの50ヤード前後の距離がとて打ちやすかったです。

SPEC●素材/8620カーボンスチール●ロフト角/46、50、52、54、56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドEXツアーイシュー(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)など●総重量(56度)/約460g(ダイナミックゴールドEXツアーイシュー・S200)●価格/2万7500円~

ピン
グライド フォージドプロ Sグラインド

出球の高さを調整しやすい

「グライド4.0シリーズ」と比べると、打感がさらによくてスピンが入る。ソール幅が狭いのでダフリのミスにはシビアですが、この抜けのよさは魅力的。ロフトを立てたりして、出球の高さの調整もしやすいです。

SPEC●素材/8620カーボンスチール●ロフト角/50、52、54、56、58、59、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドEXツアーイシュー(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)など●総重量(56度)/約462g(ダイナミックゴールドEXツアーイシュー・S200)●価格/3万250円~

ピン
グライド4.0 EYE2グラインド

独特のソール形状でバンカーが超簡単に!

顔もソールも独特の形状ですが、驚いたのはバンカーがめちゃくちゃ簡単に打てること。ボールの手前にヘッドを落としたり、急角度で打ち込んでもヘッドが砂に潜らない。バンカーからフワッと上げて脱出できますよ。

SPEC●素材/8620カーボンスチール●ロフト角/54、56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドEXツアーイシュー(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)など●総重量(56度)/約460g(ダイナミックゴールドEXツアーイシュー・S200)●価格/2万7500円~

ピン
グライド フォージドプロ Tグラインド グラインド

30ヤード以内から多彩なワザを出せる

ピンの6モデルのなかではもっとも上級者好みで、テクニックがある人ほどウエッジの性能を生かせる。操作性が高いので30ヤード以内の距離から微妙にドロー回転をかけたり、フェード回転をかけるワザも使えますね。

SPEC●素材/8620カーボンスチール●ロフト角/58、60、62度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドEXツアーイシュー(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)など●総重量(56度)/約462g(ダイナミックゴールドEXツアーイシュー・S200)●価格/3万250円~

ピン
グライド4.0 Wグラインド

払い打つタイプには安定感が抜群!

これはダウンブローで打ち込むよりも、レベルブローに近い払い打ちとの相性がいいですね。フェースを開いたりカットに打つよりも、シンプルにストレートやスクエアを意識して打つとアプローチの安定感が高まります。

SPEC●素材/8620カーボンスチール●ロフト角/54、56、58、60度●シャフト(フレックス)/ダイナミックゴールドEXツアーイシュー(S200)、N.S.PRO950GHneo(S)など●総重量(56度)/約460g(ダイナミックゴールドEXツアーイシュー・S200)●価格/2万7500円~

フォーティーン
DJ-5

やさしさ満点だけど中・上級者でも使える

やさしいだけではなく完成度も高い。ソール幅が広いのでダフリに強いが、リーディングエッジ側はスムーズにボールの下に入ってくれるので抜けもいい。初心者だけでなく、中・上級者にもオススメのウエッジです。

SPEC●素材/軟鉄S20C●ロフト角/44、46、48、50、52、54、56、58、60度●シャフト(ワンフレックス)/N.S.PRO DS-91w、N.S.PRO TS-114wなど●総重量(58度)/446g(N.S.PRO DS-91w)●価格/2万6400円

フォーティーン
TK-40 Hiフォージド

ザックリさせるのが難しいくらい!

今回打ったウエッジのなかで、ダフリ、ザックリに対する強さはNo.1!意図的にザックリしようと思って打ってもできませんでした。これだけグースがついていてヘッドが軽いので、絶対にヘッドが刺さりませんね。

SPEC●素材/軟鉄S25C●ロフト角/62度●シャフト(ワンフレックス)/N.S.PRO TS-114w、TS-07Cグラファイトデザイン製カーボンなど●総重量(62度)/464g(N.S.PRO TS-114w)●価格/1万8000円

マジェスティ
W-MOMENT

フェース面が大きくピッチ&ランが打ちやすい

同じロフトのウエッジと比べると、フェース面が大きく見えるので安心感があります。ネック部分に丸みがあるので、ボールを包み込むイメージを出しやすい。ピッチ&ランのアプローチをよく使う人にオススメです。

SPEC●素材/軟鉄[8620]●ロフト角/48、50、52、56、58度●シャフト(フレックス)/N.S.PRO 950GHneo(R、S)、TENSEI for MJ WM60(Wedge)●総重量(58度)/445g(N.S.PRO 950GH neo・S)●価格/2万7500円~

ボールの5センチ手前にヘッドが落ちてもセーフ!

「ザックリもトップも解消してくれたこの3本がよかった!」

【齋藤さんが選んだベスト3】

フォーティーン TK-40 Hiフォージド

ピン グライド4.0 Wグラインド

マジェスティ W-MOMENT

「TK 40フォージド Hi」は圧倒的にミスに強く、ボールの5センチくらい手前にヘッドが落ちてもセーフになる。ピンの「グライド4.0 Wグラインド」はザックリに強いだけでなく、ハーフトップに近い打点でも強く飛びすぎない。マジェスティの「W-MOMENT」はバンスは少ないですがソール幅は広くて抜けがよい。私のように長年ザックリ癖に悩んでいる人は、この3本がオススメですね。

いかがでしたか? 今回の記事を参考にベストなウエッジでアプローチの上達を目指しましょう!

アマチュア代表=齋藤俊さん

●さいとう・しゅん/57歳。本格的にゴルフをするようになって26年目。スコアは安定したショットで80前半も出すが、アプローチのミスで崩れてしまうことが悩み。ウエッジの買い替えも検討中で、この企画に奮って参加。

試打・解説=岡村了

●おかむら・りょう/1996年生まれ、福岡県出身。170cm、70kg。名門・東北福祉大学ゴルフ部でキャプテンを務め、卒業後にプロ転向。今年3月の「THE OKINAWA OPEN」でプロ初優勝を飾った若手のホープ。平川CC所属。

構成=野中真一 
写真=相田克己 
協力=日神グループ平川CC

アクセス数第1位の記事はこちら。

第1位:
スピンかかるのはどっち?アプローチの神・伊澤秀憲プロが解説!

アプローチの神、グリーン周りの魔術師と呼ばれ、プロも驚く寄せ技をもつ伊澤秀憲プロは、高スピンで止める球をレッスン。「スピンのかけ方で、アマチュアが勘違いしていることをやってみましょうか」と伊澤。

スピンを入れるつもりが逆に入りにくくしている打ち方と、伊澤の打ち方を比較して、その違いを解説&レッスン!

激スピンアプローチ達人とアマチュアの違いを解説&レッスン!

【CHECK1】フェースは握ってから開く

伊澤とアマチュアの違いは、伊澤はいったんフェースをスクエアにセットしてから、ヒジから先を回してフェースを開いている

今回は、スピンをかけやすいやさしいライからスピンを増やす打ち方を紹介しますが、ウエッジの握り方はどんなライでもほぼ同じ。クラブの重心をコントロールしやすいフックグリップで握ります。

「フェースを開いてからグリップを握り直す」は✕。握り直したグリップが強めのフックグリップならOKだが、スクエアグリップではスピンはかかりにくい

球をビタッと止めるには、スピンだけでなく高さも出したほうが止まるのでフェースを開いて構える。そのときに「フェースを開いた状態にしてから握る」は✕。握ってから手首やヘッドを右回転させて開くのが○。

グリップはフック、フェースはオープンのアドレスを作ってください。

【CHECK2】クラブは長く持つ

グリップを長く持つとヘッドを低い位置へ下ろしやすい。
インパクト後まで低い軌道を保ちながらボールをヒットする

短く持つと操作性や正確性が増すといわれますが、スピンを効かせたいなら長く持ちましょう。長く持ったほうがヘッドに遠心力がかかりますが、それにともなって「速く振れ」ということではありません。

グリップを短く持つこともセオリーだといわれているが、短く持つとダウンスイングでクラブを体に引きつけやすくなるため、無意識に鋭角な入射角で下りてしまう

スピードを上げようとするとヘッドを上からガツンと入れたくなりますが「上から速い」はインパクトがバラついてしまう。スイングはゆっくり大きくヘッドを低い位置から入れてイン・トゥ・インの扇形を描く。パワーでスピードを上げようとするのではなく、クラブの重さと遠心力を利用して自然に加速させるのです。

【CHECK3】ヘッドは返して、立てて、フェースに乗せる

伊澤は開いたフェースを返しながらインパクト。ほぼスクエアな向きに戻してロフトもやや立てる「フェースにボールが乗る」打ち方をしている。「ボールと地面の間の隙間がほぼないライでは、ヘッドを入れるため開いたまま打つこともありますが、やさしいライからスピンを利かせて止めるならフェースを開いて構える必要すらありません」(伊澤)

スピンを増やす最大のポイントは「ボールをフェースに乗せる」です。そのため、インパクトでのフェース向きは開いて構えたときよりも閉じて、ロフトを立てています。

ヘッドをボールの下に入れて、フェースでボールを擦ろうとする打ち方では激スピンはかからない。フェースを開いたままだと高さは出せるが、ボールの下をくぐりやすいのでショートすることも多い

この「閉じて立てる」は意図的に行っているのではなく、振り下ろしていくなかで、ヘッドの重心や体の回転にそっての腕のトルクなどで自然に行われるもの。フェースを開きっぱなしでは、スピンは増やせません。

汚れていなければ溝なんてなくてもいい!

スピンを増やすには溝よりも汚れがついていないことが大事!
打つ前に必ずブラシでフェースを磨き、フェースをピカピカにするのが伊澤のルーティン

スピンを増やすには、ボールはスピン系がいいですね。ウエッジはフェースに土や芝、打球跡がついていないことが絶対条件。汚れていなければ溝がなくてもいいくらい。

それほどスピンを利かせるには、ボールとフェースの間に異物を挟みたくない。インパクトも芝や地面をなるべく噛みたくないので、上からボールを潰す、ヘッドが地面に刺さるような打ち方はしません。

レッスン=伊澤秀憲

●いざわ・ひでのり/1991年生まれ、神奈川県出身。168cm。超がつくアプローチの達人。YouTube「アンダーパーゴルフ倶楽部」では、ウエッジ試打やアプローチのレッスンなどを中心に、さまざまなゴルフの楽しさを紹介する動画を配信中。アンダーパー所属。

写真=相田克己
協力=千葉国際カントリークラブ(PGM)、湘南銀河大橋ゴルフ練習場

いかがでしたか? 他にも魅力的な記事をたくさん公開しているのでぜひご覧ください。

【あわせて読みたい】

「チャーシューメン」ではなく…!?三ヶ島かな、いいリズムでドライバーを振る方法を伝授!

「どれが操作しやすい?」“最新アイアン8本”を一気試打!鹿又芳典が解説

西村優菜の“名勝負”とは?「小さな勇者」の国内メジャー優勝

関連記事一覧