【アプローチのヒント】夏ラフ対策

芝の抵抗を減らす
「フェース 開」「振り幅 大」
「カット振り」が脱出のコツ !

今平 周吾 いまひら・しゅうご

1992年生まれ。165cm、60kg。今季5戦目の関西オープンゴルフ選手権競技で、待望のレギュラーツアー初勝利を挙げた。埼玉県出身。レオパレスリゾート グアム所属。

 ハマってしまうとうまく出せない厄介な夏ラフの攻略法を今季絶好調の今平周吾が解説。

 

フェースを開いて斜めに振れば
抜けがよくなる

 夏の深いラフからのアプローチは、芝の抵抗を受けやすいのでミスが出がち。うまく脱出するのにボクが意識しているのは、「フェースを開く」「カット軌道に振る」「振り幅を大きめにする」という3つのポイントです。
 スクエアの状態で打とうとすると、歯から入ってしまい、芝の抵抗が大きくなります。
 フェースを開いてカット軌道で振ることで芝の抵抗は減らせます。カットに振るぶん振り幅は大きめにするのを忘れずに。
 ダウンスイングでフェースを返さず、思い切って左に振り抜けば、ヘッドはスムーズに抜けていきます。

 

振り幅はフェースを開いているぶん大きめ。カットに振りたいので、縦にクラブを振ることを意識しよう(右)/夏ラフは芝の抵抗が大きくなる。フェースを開くことで、ヘッドにかかる芝の抵抗をあらかじめ減らしておく(中央)/目標に対して、45度くらいオープンスタンスに構えておく。アウトサイド・インに振るための準備(左)

 

ccna-200-125 GO-70-532 GO-70-463 GO-exam-collec-tion-70-243 GO-Microsoft-070-489 GO-Microsoft-70-488 GO-Microsoft-70-346 GO-70-533 GO-70-534 GO-70-695 GO-exam-70-698-quiz-1 210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps