【ウエッジの機能と選び方①】
ロフト選択、基本のキ(全7回)


 

ピッチ&ランなら56度以下
球を上げるなら58度以上

ウエッジワークのレベルアップのためには、道具の機能を理解すること、そして自分の意図する目的に合った道具を使うことも非常に重要です。
ウエッジを考える際の第1のポイントは、ロフトです。SWであれば、ある程度ランを計算したピッチ&ランを打ちやすいのが56度以下のもの、ピッチショットやロブショットなどボールを上げやすいのが58度以上のものと考えてください。
ロフトが多いSWは、ロングアプローチやフルショットで距離感がそろいにくいため、敬遠する人も多いですが、ピッチ&ランやロングアプローチは、もう少しロフトの立ったAWでも簡単にできます。しかし56度以下のSWでボールを上げようと思ったら、フェースを開いて使う高い技術が要求されます。SWは「ボールを上げなければならないときのお助けクラブ」と考え、フェースを開かずにやさしくボールを上げられる58~60度のものを入れるという発想が、意外にウエッジゲームをやさしくしてくれるかもしれません。

56度以下のウエッジは、ピッチ&ランをやさしく打てるが、ボールを上げにくい

 

58~60度のウエッジは、フェースを開かずともボールをやさしく上げられる

 

解説=

石井忍

●いしい・しのぶ/プロゴルファー。日本大学ゴルフ部を経て、1998年プロ入りし、翌年からツアーに参戦。2010年にコーチに転身。トッププロの指導にあたるとともに、千葉と東京神保町でエースゴルフクラブを主宰。アマチュアに向けて、その経験を活かしたレッスン活動も展開している。

さらに詳しく知りたい人は↓↓

【ザ・ウエッジ・バイブル 石井忍・著】

ccna-200-125 GO-70-532 GO-70-463 GO-exam-collec-tion-70-243 GO-Microsoft-070-489 GO-Microsoft-70-488 GO-Microsoft-70-346 GO-70-533 GO-70-534 GO-70-695 GO-exam-70-698-quiz-1 210-250 dumps 210-255 dumps 200-150 dumps 200-155pdf 300-160 dumps 300-165 dumps 300-170 dumps 300-175 dumps 300-180 dumps 300-210 dumps