話題のギア速報

ピン G400シリーズ

新たなGはブレない! ものづくりへの姿勢も一貫

ピンから新たなGシリーズが発表された。その名も「G400」。
キーワードは、「ブレない」「反発する」「抵抗しない」の3つの力だという。
発表後すぐに開催された試打会で、その性能を体感した。
———————————————————————————————————————————–

レギュラータイプの
G400ドライバー
つかまるタイプの
G400SFテックドライバー
ロースピンタイプの
G400LSテックドライバー

———————————————————————————————————————————–

この試打会では、プロとラウンドを共にする機会にも恵まれた。
同組で回らせていただいた鶴見功樹プロに新しい「G400ドライバー」のインプレッションを聞いてみた。

「前作よりもフェースに球が乗る感覚で、より強く押し出していけますね。音も格段に良くなりました。また、ヘッドが小ぶりになったことと、空気抵抗を軽減するクラウンの構造のダブル効果でより振り抜き易く、ヘッドスピードも上がります。それでいて、スイートエリアが広いから、飛距離も左右のブレも大幅に少なくなっていますね」(鶴見功樹プロ)



G400ドライバーのヘッド体積は445cc。さらに進化したタービュレーターと後方のボーテックとの相乗効果で、空気抵抗が軽減された

そう、この新たなG400ドライバーは、ヘッド体積がピン史上最小の445ccとなっているのだ。460ccの大型ヘッドの代名詞だったGのドライバーが小型化したことは、ピンファンの間でも驚きの1つだろう。ただ、小ぶりになったからといって、慣性モーメントが小さくなったということは、決してない。ピン史上最も低くて深い重心設計を達成し、上下左右の慣性モーメントもアップさせることに成功したからこその小型化なのだ。

発売は9月7日。特設ページは→コチラ←をクリック。
すでに開設済みなので、気になるゴルファーは、迷わずチェックを。

試打後は戸田本社の工場を見学。1本1本、丁寧に仕上げていく


———————————————————————————————————————————–

【SPEC】

スタンダードタイプ●ヘッド体積/445cc●ロフト角/9、10.5度●シャフト/ALTA J CB(R、SR、S、TS)、PING ツアー 173-65(R、S、X)、PING ツアー 173-75(R、S、X)、アッタス クール6(SR、S、X)、スピーダー661エボリューションⅣ(SR、S、X)●長さ/45.75インチ(ALTA J CB)●総重量/約294g(ALTA J CB・R)●価格/6万3000円+税~
問☎048-437-6501

http://clubping.jp/

210-255 pdf 830-506-pdf 70-698-pdf 70-734-pdf 70-741-pdf 70-742-pdf 70-743-pdf 70-761-pdf 70-764-pdf 70-767-pdf 200-155 pdf 70-773-pdf 70-774-pdf 70-775-pdf 77-418-pdf 77-419-pdf 77-421-pdf 77-422-pdf 77-423-pdf 77-424-pdf 77-425-pdf ccna-200-125 GO-70-532 GO-70-463 GO-exam-collec-tion-70-243 GO-Microsoft-070-489 GO-Microsoft-70-488 GO-Microsoft-70-346 GO-70-533 GO-70-534 GO-70-695 GO-exam-70-698-quiz-1 210-255-dumps 210-250-dumps 210-255-dumps 200-150-dumps 210-250-dumps 210-250-dumps 210-255-dumps 200-150-dumps 200-155-dumps 300-160-dumps 300-165-dumps 300-170-dumps