【プロ直伝 上達のヒント】スイングチェック/アイアンのヒント

確実にピン方向を狙うときは
スタンスよりも肩の向きで調整

山下和宏 やました・かずひろ/

1973年生まれ。175cm、70kg。08年から10年連続で賞金シードを獲得する実力者。大阪府出身。ザ・サイプレスGC所属。

ベテランになっても正確なアイアンショットを武器に
活躍する山下には、スイングをチェックする方法を教えてもらった。

 

 

3箇所のフェース面をチェックすることで
スイング軌道を確認

 スイングをチェックするときは、アドレス時の肩のラインを見てみましょう。アマチュアの大半はスタンスを気にしていますが、実際には肩のラインがスイング軌道の向きになります。球が曲がるときは、肩のラインが左右のどちらかにズレて、軌道もズレている場合がほとんどです。
 また、クラブを水平に持ってインパクト前、インパクト、インパクト後のフェース面を確認することも重要。その素振りをすることで、正しいフェースターンを確認できます。

 
アドレスの前に、クラブを肩に当てて、肩のラインが目標を向いているかをチェック。
アマチュアは右肩が前に出やすい
 
球筋の打ち分けも肩のラインで調節する。
フェードを打つときは、肩のラインを左に向けることでアウトサイド・イン軌道で振れる