• HOME
  • ブログ
  • ギア
  • 10ヤード飛距離が伸びるって本当?ニュー“D1”をガチで試打検証した!

10ヤード飛距離が伸びるって本当?ニュー“D1”をガチで試打検証した!

10ヤード飛距離が伸びるって本当?ニュー“D1”をガチで試打検証した!

2016年の発売以降、飛ぶというウワサが広まり、大人気の2ピースボール「D1」が、さらに進化してリニューアル!

あと5ヤード飛ばしたいと願うアマチュアと測定&比較したら、期待以上の結果が出ました!

飛距離に悩むアマチュアに「D1」をオススメしてみたら…

飛距離に悩む、ゴルフ歴4年の飯田祐貴さん。編集部員MからオススメされたD1に興味津々
弾道測定器を使ってD1の飛距離テストをしたら驚きの結果が……。詳細は下記で!

ドライバーで「D1」の性能を“ガチテスト”

センター:飯田祐貴さん●ゴルフ歴4年。ドライバーのHS42m/秒。平均スコア90前半、左:編集部員M●ゴルフ歴28年。ドライバーのHS 40m/秒。平均スコア80前半、右:女性部員T●ゴルフ歴18年。ドライバーのHS33m/秒。平均スコア100前後。この3人で試打検証を行った

もうちょっと飛ばしたいアマチュア・飯田さんと編集部員が試打検証。ビギナー、アベレージゴルファーだけでなく女性ゴルファーにもいいと聞き、女性テスターも加え、他社のディスタンス系ボールとも比べてみました!

※計測データは10球の平均値。大きなミスヒットは除外。小数点以下、四捨五入

「ボールで飛距離が変わるはホント!」(飯田さん)

飯田さんのドライバー試打データ

「D1」と比較したのは、どれも飛ぶといわれているボールでしたが、それよりもあきらかに飛ぶなんて驚きです。飛ぶだけじゃなく、スピン量など弾道数値のすべてが理想値になりました! ボールを変えるだけで、飛距離が10ヤードも伸びるなんてことあるんですね!(飯田さん)

「すっごい低スピン、高打ち出し!」(編集部員M)

編集部員Mのドライバー試打データ

「D1」の飛距離性能がすごいのは体験済でしたが、新作もよく飛んでくれますね。私が打つとバックスピン量は2000以下で、打ち出し角も高くなる。キャリーは210ヤード近く、トータル飛距離も240ヤードに届きそう。ティーショットで狙うエリアが変わりますね。(編集部員M)

「これって女性のほうが飛ぶ!?」(女性部員T)

女性部員Tのドライバー試打データ

適応ヘッドスピードは30前半から47m/秒くらいだそうですが、試打者のなかでもっとも飛距離が伸びたのが私。「D1」の性能は、ヘッドスピードが遅めの人や女性が一番合うのかも。「D1」での最大飛距離は184.6ヤード。こんなに飛んでくれたらゴルフが楽ですね。

7番アイアンでもテスト

ドライバーだけでなく7番アイアンでも試打検証を行いました。飛距離はもちろんですが、打感も重要になってくるアイアンでは結果はどうなったのでしょうか?

「固い感じはまったくない!」 (飯田さん)

飛ぶボールは打感が固いイメージがありましたが、ドライバーもアイアンで打っても気になりませんでした。飛ぶだけでなく、心地よい打感にもこだわって開発したんでしょうね。アイアンはフェースに食いついてから弾く感じ。希望どおり+5ヤード飛ぶようになりました。

飯田さんのアイアン試打データ

「1個200円もしないなんてコスパ最高! 」(編集部員M)

アイアンの飛距離も1番手は違う。直進性が高くて前に進んでくれる感じですが、これでOK。ラウンドではショートのほうが圧倒的に多いので、止まるよりちょっとでも前に行ったほうがいい! しかし、これで3個で約550円。1個200円もしないなんてコスパよすぎです(笑)

編集部員Mのアイアン試打データ

「キャリーが伸びて+10ヤードも飛んだ!」(女性部員T)

女性はアイアンが飛ばせないんですよね……。でも「D1」は普段より10ヤードも飛びました。こんな飛んだのは打ち出しが高くなってキャリーが伸びたためですが、高弾道になったぶん、高さでグリーンに止められるのでは? もっとピンを攻めるゴルフができそうです。

女性部員Tのアイアン試打データ

「D1」を新旧比較したら…

他社のボールより飛ぶことがわかった「D1」だが、前作と比べたらどうかも調べてみた。

新「D1」と旧「D1」の試打データ

代表して飯田さんに「D1」の新旧を比較してもらったら、ドライバーは新作のほうがさらに飛ぶが、アイアンの平均飛距離はまったく同じ。

すでに「D1」を愛用しているゴルファーが多いが『アイアンが飛びすぎて距離感が合わない』という心配はなし! 同じ距離感で打てますね。

めっちゃ飛ぶ「HONMA D1 2022」

今回試打検証した「HONMA D1 2022」。試打データからわかるようにドライバーでもアイアンでも高い飛距離性能があることがわかりました。飛距離に悩んでいるゴルファーは一度試してみる価値はありです! ぜひチェックしてみてくださいね。

●構造/ 2ピース、カバー:高耐久アイオノマー、コア:ロースピンラバー ●カラー/ホワイト、イエロー、オレンジ、グリーン、マルチカラー ●ボールナンバー/ 1、2、3、4(ホワイトのみ5、6、7、8あり)●価格/オープン価格(編集部調べ:1ダース2200円前後)※3月16日発売予定

同社のボール「TW-X」「TW-S」を使用するプロから「線は太い方が合わせやすい」という意見を参考にしつつ、反映したアライメントデザインを採用。コアは粒子状の材質を使用することでブタジエンゴムの使用量を削減。炭素排出の削減にも成功した“環境にもやさしい”ボールだ

写真=田中宏幸 
協力=4plus Fitting Labo&Golf Salon、取手国際ゴルフ倶楽部

関連記事一覧