【ゴルフ開眼トーク】「ドライバーが220y、7番アイアンが140y」の人の適正スコアは80前半!?<前編>


今野(マスター)いらっしゃいませ。
ケン マスター、いつものちょうだいよ。
今野 いつものといっても2つ。その表情から見るとロックですね。
ケン そうだよ。今日も叩いたから強い酒飲ませてよ。
今野 聞きますよ。何があったんですか?
ケン このごろ練習場での調子もいいし、80台前半が出ればいいなぁと思ってたんだけど今日も90オーバーだったよ……
今野 ほう。ケンさんの実力なら、不可能ではない目標スコアでしたけどね。
ケン 全然ダメ。オレって本番に弱いのかなぁ。
今野 今日のスコアカードお持ちですか?
ケン はいよ。どうだい散々だろ。
今野 これはこれは。このコースでプレーしたことはありませんが、叩きそうなところできっちり叩いていますね(笑)
ケン 笑いごとじゃないよ! でもなんでそのホールが叩きそうって…… わかった! ホールハンデキャップだ!
今野 いやいや。ホールハンデキャップっていうのは、9ホールの真ん中らへんに1や2の低い数字がくるようにできているので、それではわかりません。現にケンさんはハンデキャップ2のホールでパーを獲っているじゃないですか(スコアカード※1)。
ケン たしかにそのパー5は、パーオンして2パットのパーだったね。じゃあ何?
今野 単純に距離ですよ。長めのホールで叩いていますよね。まぁ短いホールはややこしく作られていることが多いので一概にはいえませんが、距離が長くなれば叩く可能性は増えるんです。
ケン そういえば、コースレートも数字が高い(多い)コースっていうのは、長いんだったよね。
今野 そうです。もっとわかりやすいところでは、レギュラーよりバックティのほうが高いでしょ。プロだって7500ヤードを超えるモンスター級のトータルヤーデージになれば、優勝スコアはイーブンパー近くになりがちです。
ケン でも今日のコースは、特別長いと感じたわけでもなかったけどなぁ。
今野 レギュラーティからトータル6300ヤードですから、平均的な長さのパー72です。でも、このパー72やそれぞれのパー3、4、5っていうのは、ゴルフ場が勝手に決めた数字ですよね。
ケン 勝手にって、どこにいってもだいたいパー72前後じゃない。
今野 ケンさん、ボビー・ジョーンズをご存じですよね?
ケン あの「球聖」といわれたボビー・ジョーンズ?
今野 はい。ボビーが無双といわれていた時代には、ストロークプレーではなくマッチプレーが主流だったんですよ。そのときひとりの記者が「なんでそんなに強いのか?」って質問をしたのですが、なんて答えたと思います?
ケン なんだろ? でも、とにかくうまかったんでしょ?
今野 そうでしょうね(笑)。じつはそのころは、パープレーって概念がなかったんですよ。いまみたいに72とか。
ケン 相手よりいいスコアであがれば勝ち。
今野 はい。でもボビーは相手のスコアは二の次。「コースごとに目標スコアを決めているから」といったそうです。パターを持つまで、このホールでボクの飛距離なら何打必要+パターは2打、と決めて、それを18ホール集めたのが目標スコアだったんです。
ケン それでも、70くらいだっんでしょ?
今野 いやいや。全英オープンに出たときは、80台前半だったらしいですよ。しかも、実際に出たスコアは4日間とも90台。それでもぶっちぎりで優勝したそうです。
ケン パー72が基準の今から考えたら、ずいぶん叩くね。
今野 そういう時代だったんですよ。でも、彼はつねに相手ではなく、自分で目標スコアを設定してそれとの戦い。そこからパーオンという概念が生まれたと思うと、すごいですよね。
ケン さすが球聖だね。
今野 これって、レベル別のスコアメイクのコツですよね。「自分の実力とコースを見つめて、その都度、基準となるスコアを作っていた」って。ケンさんのようにスコアカードに書いてあるからパー4なら4打であがりたいとか、そういうスコアメイクをしてなかったんですよ。
ケン コースと自分の実力どおりのパーねぇ。
今野 名づけて「マイイーブンパー」! ボクはスコアカードも、コースの難易度に合わせて75だったり80だったり、その人の力量に合わせて99、89、79とか、いろいろな種類があっていいと思うんですよね。
ケン たしかに。コースが簡単でも難しくても72。それに下手な人にとっては、72なんて数字は、まったく関係ないものだもんね。よし! オレは反省した。身の丈に合っていないスコアを目指すから無理して叩くんだ。オレのマイイーブンパーは89! 90切りくらいで十分だ!
今野 いや、今日のコースの全長は平均的な長さでしたから、ケンさんのマイイーブンパーは80台前半。妥当な数字でしたよ。
ケン じゃあ、やっぱりセンスがないってことだな。でも、そもそもそのマイイーブンパーっていうのが、なんでオレは80台前半なんだい?

後編に続く…

今野一哉

●こんの・かずや/1982年生まれ。スイング、コース、マネジメント、ギアなどを幅広く猛勉強。蝶ネクタイを身につけた「ゴルフのコンシェルジュ」としてさまざまなメディアで活躍中。18GOLF代表。

origexams.com