「ボールにはクラブ以上に弾道を変える即効性がある」と鹿又。
賢く選べば、あなたの弱点も即・克服できるぞ!

大手メーカーの開発者が語った
ひとつに絞る利点

 今年1月のPGAショーでは、長年、世界的なボールメーカーを渡り歩いたボール開発者のロック石井さんにお話を聞けました。ロックさんいわく「ボールを選ぶ際は、第一優先事項を決めたほうがいい」とのこと。というのも、ボール選びはドライバーやアイアンの飛距離、打感、スピン性能、パッティングの距離感などさまざまな要素があるので、第一優先を決めないと選び切れないという話でした。
 最優先すべき事項の候補は、飛距離、ショートゲーム(スピン)、打感、全体的なバランスだと思います。ボールはクラブを決める前に選ぶプロもいるほどですが、アマチュアには難しい作業です。でしたら、使用中のクラブで弱点になっていることをボールにカバーしてもらうのが理想。最後のカタログでは全17モデルのドライバー、アイアン、アプローチ、パターでテストして4つのタイプに仕分けしました。これで自身の弱点を補うボール選びをしてください。


ボール選びの続きは
7月21日に発売した「ワッグル」9月号の誌面をチェック!
ちなみに今号の特集は

「飛距離アップの新ワザ!」
ぜひお楽しみください。